お金を借りる最終手段!お金の工面の仕方や借入手段はファクタリング

消費者金融キャッシングの金利を下げよう

消費者金融キャッシングの金利は、その融資限度枠と反比例しています。

融資限度枠を大きく設定できる契約者は、
信用があり多額の利用をしてくれるというのがその理由です。

そのため、少しでも融資限度枠を大きくしてもらうことが金利を下げるコツです。

しかし、消費者金融の多くは貸金業法の適用を受ける業者であることから、
どう頑張っても年収の3分の1までしか融資限度枠の設定はしてくれません。

また、他の消費者金融等からの借り入れがあるとその分だけ融資限度枠は低くなります。

そのため、消費者金融キャッシングの金利を下げたいと思うのであれば、
業者の一本化を図ることが必要になります。

現在、複数の消費者金融から借り入れをしているのであれば、
融資限度枠が一番大きい消費者金融に一本化し、
他の消費者金融は解約することです。

その上で、残した1社の消費者金融に融資限度枠の拡大と金利の引き下げができるか確認してみることです。

この際、もう一つ注意点があります。

それは、クレジットカードのキャッシング枠です。

クレジットカードのキャッシング枠も、
当然貸金業法の限度枠の計算に含まれます。

つまり、これもゼロにしてしまうことで限度枠拡大の役に立つのです。

クレジットカードの申込の際に、知らず知らずのうちにキャッシング枠を設定しているケースも少なくないので、見直しをするといいでしょう。

こうすることで、ほぼ年収の3分の1までの融資限度枠の設定が可能なはずです。

消費者金融に相談をしその回答を覚えておき、
他の消費者金融と合い見積もりのような形で有利な消費者金融を探してみるのもいいいでしょう。

消費者金融キャッシングは、
どうしても金利が高くなります。

しかし、一工夫することでこの金利を下げることは可能なのです。

こうなるとやはり頼れるのは
お金を借りる最終手段!
お金の工面の仕方や借入手段は資金調達ガイドのファクタリングということになりますね

大手消費者金融で大型融資が可能な借り入れ可能なおすすめ人気ランキングが充実していますよ!