大手の消費者金融は、銀行の傘下に入って経営を行うようになっているケースや、
銀行業界に参入するために新しく会社を設立しているケースがあります。
これらの会社は、銀行系消費者金融と呼ばれており、
行なっている銀行系カードローン融資の内容に変化が見られています。
銀行系カードローン会社は、
銀行と消費者金融の中間の性格を持つ新しい銀行系カードローン金融機関であり、
銀行に課せられている企業モラルを守りながら、
消費者金融の長所を生かした銀行系カードローン融資を行うようになっています。
このところテレビのコマーシャルで見かける
キャッシングと呼ばれるカードローン融資を行なっているのが銀行系カードローン消費者金融です。
銀行系カードローンの会社は実際の店舗を持っていないケースが多いために、
カードローン融資の審査はインターネットが中心となっています。
専業の消費者金融カードローン同様に、
健康保険証か運転免許証のどちらか一点があれば
カードローン融資の審査を受けることが出来ます。
カードローン審査のすべての手続きを自宅から行うことができて、
即日でカードローン融資を受けることが可能になっています。
金利は専業系消費者金融カードローンと比較すると低く設定されカードローンであり、
カードローン融資の枠は大きくなっています。
借り手にとって有利な条件が提示されていますが、
審査は厳しくなっており他社カードローン借入件数が多いような場合には、
融資を受けることは難しくなっています。
一定以上の返済能力のある利用者に向けて行なっているカードローン融資の内容であり、
審査を厳しくすることによって、
安易な利用者を増やさないようにする工夫が施されています。
銀行に求められている企業倫理を守ることによって、
金融機関としての信頼度を高めていく事が目標となっているようです。
借り手にとって有利な融資条件が提示されているために、
他の金融機関からの借入を減らしてからカードローン融資を申し込むことが必要だと言えます。

銀行系消費者金融の銀行系カードローンでお金を借りました

消費者金融と聞くと、借りるのが少し怖いなという印象を持っていました。
審査を受けたこともありますが、
無人のブースが多くかなり緊張感がありました。

 最近、銀行系消費者金融の銀行系カードローンが増えてきていることは、
ネット広告や路上広告などで知りました。
借りる必要性がない時は、
特に気にしていなかったのですが、
いざいくらかのお金が必要になった時、
真っ先に思い浮かびました。
銀行窓口でカードローン手続きをするには時間がなさすぎるということで、
ネットのバナー広告をクリックして銀行系カードローンに相談することにしました。
 ネットで必要書類を送付すると、
1時間もたたないうちに女性のオペレーターから連絡があり、
カードローン内容の確認がありました。
その後、数時間でカードローン融資金額の連絡がメールを通じてありました。
そして、その金額を了承し、30万円を借りることができました。

 その際、伝えられたのが、
私の住む地域には返済ができるATMがないということでした。
都市銀行系の消費者金融カードローンだったので、
そんな不自由さがあるのかと焦ったのですが、
オペレーターの方から、返済の方法についていくつかの選択肢が示され、
その中から、手数料のかからないコンビニでのカードローン返済方法を選択することにしました。

 選択はしたものの、コンビニの端末を使ったことがない私です。
いざ、返済の日が迫り教えられたコンビニに行って端末を操作したのですが、
慣れていないと結構わかりづらいことに気がつきました。
その日のうちに返済しないと、
利息がつくかもしれない状況でしたが、
オペレーターの方に連絡すると、
丁寧に返済方法を教えていただき、
なんとか自力で第1回の返済を済ませることができました。

銀行系消費者金融の銀行系カードローンは比較的安全だと聞きました

銀行系カードローン会社とは、銀行と大手専業消費者金融会社の合併によって生まれた会社の事です。

この銀行系カードローン会社も2つに大別されます。
1つは、銀行自身が自らのノウハウで消費者金融市場へ参入のため設立した銀行系カードローン会社です。
商品名で言いますと、「SMBCモビット」などです。  

もう1つの形は、すでにある消費者金融会社が経営危機に陥り銀行が支援する形で子会社化した銀行系カードローン会社です。
例えば「レイク」が該当します。  

銀行系カードローン会社の特徴は、
大手銀行の絶大の信用力と専業の消費者金融会社の長所をミックスしているところにあります。
消費者にとってのメリットは、
融資限度額が高い、
比較的に低金利で借り入れできる、
銀行の名前が付いているので安心して借り入れできる
などメリットがあります。  

なぜ消費者に低い金利で多額のカードローン融資ができるのでしようか?
それは資金力のある銀行という母体が付いているからです。
現時点では、銀行はほぼゼロ金利で資金を無制限に調達できます。
それに買収した消費者金融会社の独自のノウハウを生かすこともできるのです。
消費者金融会社として長年蓄積された審査のノウハウは銀行サイドの審査とは一味違うものがあります。

潤沢な資金と洗練された貸付審査で、
銀行系カードローン会社は通常の銀行融資よりも速やかに融資を受けることができます。

銀行系カードローン会社の融資形態は、インタ-ネット、電話、郵便などを媒介として融資を行っています。
極めて合理化した融資業務を行っています。  

消費者は一番先に融資相談をしたい会社に銀行系カードローン会社を上げています。
銀行の経営方針もあり、
通常の融資ほどではないですが審査は堅実です。
専業の消費者金融会社に比べるとハ-ドルはやや高いといえます。
しかしより低金利で借り入れできますから辛抱できる範囲でしょう。

返済計画と資金使途をしっかり考えて銀行系カードローンに申し込みましょう。