ファクタリングのメリットとデメリットを考える前に、
そもそもファクタリングとはどの様なものか?

ファクタリングとは、
で企業が事業資金を調達する一つの方法です

ファクタリングは近年注目される手法で、
未回収の売掛金を、ファクタリング会社に買い取ってもらう事で、
売掛金を早期に現金化して資金調達する方法です。

一般的に企業間の取引は、現金払いではなく、
掛け売りによる取り引きが中心であり、
商品やサービスの提供は完了し請求書を提出しても
取引契約で取り決められた支払期日がこなければ、
実際には支払い入金はされません。

この売りけ金回収のタイムラグが運転資金確保に支障をきたす事が少なくありません。
その解決方法としてファクタリングを活用する企業が増えているのです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットの1つ目は、
比較的簡単に短期間に資金を得る事が出来る点です。

銀行等の金融機関から融資を受けようとすると、
経営状態が重視され、
審査にも時間を要し、
中々融資が決定されない事が少なくありません。

しかし、ファクタリングは融資をしてもらう訳ではありませんから、
金融機関からの融資に比べて審査に通りやすく、
しかも審査期間も短時間で済むというメリットがあります。

ファクタリングの2つ目のメリットとしては、
金融機関からの借り入れではないので担保が不要と言う点です。

さらに、償還請求権なしで債権譲渡を行う事が出来るファクタリング会社もあり、
こうしたファクタリング会社を選べば、
売掛先企業が倒産などでして売掛金が回収できなくなった場合でも、
売掛金を買取ってもらった会社は負担する必要がなく
貸借対照表でも負債にならないメリットがあります。

ファクタリングは金融機関からの融資に比較して簡単で、
しかも売掛金をファクタリング会社の買取ってもらい、
資金化する事で経営上の大きなメリットを得る事が出来るのが特長です。

得られる経営上のメリットは、
急な出費や支払金の不足に対応でき、
キャッシュフローを正常化する効果を得られます。

またキャッシュフローが改善される事で、
貸借対象表のスリム化を図る事が出来、
融資を受けている取引金融機関に対する信用度がアップすると言う副次効果も得られます。

企業にとっては運転資金等の資金調達は極めて重要で、
いくら営業利益が出ていて黒字であっても、
資金が回らなければ、倒産の憂き目を見る事も少なくありません。

こうした企業の黒字倒産を回避する1つの手法としても
ファクタリングは、極めて有効と言えるのです。

ファクタリングのデメリット

資金繰りに有効なファクタリングですが、デメリットもあります。

ファクタリングのデメリットは、
ファクタリング会社の手数料が高い点です。

ファクタリングの手数料は債権金額や売掛先の規模や経営状況、
支払いサイト等により異なり、
さらに下記に説明する様に、
2社間か3社間かによっても大きく異なります。

売掛金の相手先に通知せずに、
ファクタリング会社との2社間なら買取売掛金額の10%~30%、

売掛先である取引先の了承を得た3社間なら1%~5%が手数料水準となります。

手数料の低い3社間のファクタリングにおいては、
ファクタリング会社と資金調達をしている利用会社と、
売掛先である取引先会社の3社間で取引をするもので、
取引先会社の承諾が必要となります。

取引先が同意すれば問題はありませんが、
難色を示す事も多く、
また利用会社も取引先から資金繰りが苦しい会社と見なされる事で、
その後の取引にマイナスの影響が出る懸念が非常大きなリスクと言えます。

なを、2社間でのファクタリングの手数料が高い理由は、
ファクタリング会社にリスクのある取引だと言う点です。

具体的には、売掛金を買取ったファクタリング会社は、
利用会社が元々の期日に取引先が入金をしたものを、
ファクタリング会社に入金し直す事で回収する仕組みとなっています。

従って、利用会社が取引先から入金されたものをファクタリング会社に入金せずに、
流用したりするとファクタリング会社は回収が困難になるリスクがあるからです。

一般的には、取引相手先に知られずにファクタリングを行う2社間が多く、
このファクタリングでは手数料が10~30%と非常に高い点が最大のデメリットと言えます。

またファクタリングは売掛金を元に資金調達するもので、
当然ですが月商を超える資金調達は不可能だと言う点もデメリットと言えます。

ファクタリングの審査基準とポイント

一般的に銀行やノンバンクが提供するファクタリングサービスは、
償還請求権ありの取り引きとなる為、
審査時においては決算書や他社からの借り入れ状況などの審査が行われます。

この償還請求ありのファクタリングは、
いわば売掛金を担保とした融資となるため、
ビジネスローンの融資を受けるときと同様の審査が行われるのです。

一方で、ファクタリング会社に償還請求権なしで売掛金を買い取ってもらう場合には、
利用者に対する審査はあまり行われず、
売掛先である取引会社の審査が中心となるからです。

これは、ファクタリング会社のリスクとしては、
先に記載した利用会社が取引先から入金された売掛金を流用して回収できなくなるリスクもありますが、
それ以上に利用会社の売掛先である取引会社が期日までに倒産するような事があれば、
回収が不可能となるリスクの方が大きいからです。

この利用会社の売掛先への審査では、
信用度や経営状況、経営規模、
利用者との取り引き年数などが審査され、
利用者の信用度が高くても買い取りを断られる事もあるので注意が必要です。

ファクタリングとは、
以上の様なメリットデメリットがあり、
その審査方法等も勘案し、
資金繰りの1つの手法として活用される事がお勧めです。