ファクタリングの基礎知識は知って損はない!
ファクタリングという言葉は、聞いた事があるのに詳しく知らない人がかなり多いですよね。

でも、ファクタリングの仕組みを知っておく方が、何かと お得だと思います。

そもそも、ファクタリングというのはまだ回収していない売掛金を、
ファクタリング会社に買い取ってもらうというサービスです。

企業の間でのやり取りでは、
商品やサービスを先に渡すというのは、
かなり当たり前な事ですからね。

しかし、なかなか現金化出来ないというのがデメリットでもあります。
その事で困っている企業が多いのもまた事実です。

こういう時に助けとなるのが、ファクタリングです。

これで、売掛金をすぐに現金に替える事が可能なのです。

しかし、銀行から融資を受けるという方法もあるのに、
なぜファクタリングを選ぶのでしょうか。

それは、銀行で融資を受けるよりも遥かに簡単だからです。

銀行と違い、担保がいらないというのも、
ファクタリングを選ぶ理由なのです。

企業によってはすぐに現金を必要とする場合もありますので、
より簡単なファクタリングが支持されるのです。

もし、銀行などに融資を頼んだ場合は、
審査というのはかなり厳しいものです。

審査基準としては、事業内容や業績などによって判断されるのでしょう。
社員の数や事業年数なども審査対象となりますので、
事業年数が浅い場合は、かなり不利となります。

しかし、中小企業の場合は年数が長くても、
企業としての業績が低い場合は、銀行は難を示すでしょう。

いくら社長自身の人柄が良くても、
将来性がある会社でも、
銀行は融資をしてくれない場合が多いのです。

業績が不安定だとしても、
銀行からの信用度が低くても、
ファクタリングだとそういった事はあまり関係がありません。
よほどの事がない限り、
審査通過は可能なことが多いと言えます。

中小企業は、経営が困難になる処が多いです。
黒字倒産などという事にならない為にも
、積極的にファクタリングを利用する事をおすすめします。

確実に売掛金が入る方が安心です。

ファクタリングの流れとしては、
まずは、商品やサービスの納品、
そして請求書を発行。

この時点で売掛の債権が発生した事になります。
そして、売掛の債権をファクタリング会社に譲渡するというものです。

後は、売掛金を請求する会社に、
支払いはファクタリング会社にしてくださいと言えば良いだけです。

しかし、デメリツトもあります。
売掛金を請求した相手が、
不安を感じる場合があるからです。

ファクタリングを利用するという事は、
経営が切羽詰まっている、
もしくは経営が危ないのではという危惧感を持たれる可能性があります。

相手先との信頼関係を崩さない為にも、
出来ればファクタリング会社を利用した理由を説明した方が良いでしょう。

その場合、必ずファクタリング会社は
売掛先から債権の回収は容易に出来るので、
手数料は安くすみます。

広い目で見れば、
全てが円滑に行く為にもファクタリング会社は必要なシステムです。
これからも利用する企業は増えていくでしょう。

企業によっては、
売掛先へファクタリング会社を利用したと言いづらい場合もあると思います。
信頼関係を崩したくないとか、
経営難と思われたくないとか、
事情は様々です。

そんな企業の為に最近では「二社間ファクタリング」というものがあります。

これは、企業とファクタリング会社だけで、
売掛先への通知は必要ないというものです。

知っておきたいのは、
業界によっていろいろなファクタリングが存在する事です。

例えば、売掛金の債権を回収ではなく、
保証サービスもあります。

これは、保証ファクタリングと呼ばれています。

医療関係の診療報酬の場合は、
診療報酬債権ファクタリングと呼ばれています。

最近では海外の商品を取り扱っている企業も多い事から、
国際ファクタリングもあります。

これだと、海外企業の債権を保証してくれますので、
とてもありがたいケースもあります。

しかし、一番の心配は売掛先が倒産してしまう事です。
もし、売掛先が倒産してしまったら、
回収どころではなくなります。

そういった事を考えると、
償還請求権がない債権譲渡を行うファクタリング会社が良いでしょう。

売掛先が倒産してしまった場合にも、
企業が負担する事はなく、
負債にはなりません。

ファクタリング会社の手数料は、
その時の債権の金額がどれぐらいあるのかとか、
売掛先がどれぐらいの規模なのか、
その時の状況で異なってきます。

また、売掛先に通知している「三社間ファクタリング」と、
売掛先には通知しない「二社間ファクタリング」では手数料に違いがあります。

通知してある場合の「三社間ファクタリング」だと売掛債権の1%~5%が必要となりますが、

これが通知していない「二社間ファクタリング」の場合は、
10%~30%とかなり高くなります。

しかし、ファクタリング会社としても
リスクは出来るだけ避けたい所。

手数料が多少高くなるのは仕方がない事かもしれません!