事業資金は売掛金をファクタリング利用で現金化

会社経営で資金繰りの問題点を解決する方法として注目度を増しているのが、ファクタリングというサービスです。
ファクタリング業者と契約すれば、売掛金を買い取ってもらえます。


通常、会社同士の取引において発注元から依頼されたものを納品した後、その代金をすぐ現金で受け取ることはありません。
納品後、しばらく期間を置いて期日までに支払いが完了します。
現金をまだ受け取っていない段階では帳簿上で売掛金として計上します。
しかし、売掛金はあくまでも現金を受け取る予定の状態で、
現金として他に使うことができません。
会社経営において製品やサービスを生み出すために現金を使って材料や人材を確保しなければならない状態で、
売掛金ばかりが増えて現金が足りなくなると資金調達が困難になり、スムーズな業務を行えません。
そのような悩みに対応するのがファクタリング業者で、
早ければたったの1日で売掛金を現金化してくれるほどスピーディーなところも存在します。
ファクタリング業者が直ちに売掛金を現金化してくれるのは、
債権の権利を譲る仕組みになっているからです。
現金化したい会社はただ売掛金を買い取ってもらうだけで済みます。
その後、ファクタリング業者はその売掛金の発生源である会社に現金を請求します。
このように、待たされなくて済む仕組みが出来上がっています。
ファクタリングと似たような方法として、融資があります。
どちらかといえば融資のほうが手数料が安く魅力的に映りますが、
借金をしますので期限までに手数料込みで返済する義務が生じます。
返済期日までに取引相手から現金を受け取れたなら困りませんが、
受け取れなかった場合は自社で現金を調達して返済しなければなりません。
ファクタリングなら期日などありませんし、
期日までに返済できずにペナルティを課せられるリスクも存在しません。
さらに、融資より優れる部分として、審査の際に信用情報をチェックされない良さを持っています。
過去に借金の返済が滞った経験などを考慮される心配がないため、
融資のように断られる危険がありません。
俗に言う借り入れのブラックリストを回避できます。
他にもファクタリングを利用するメリットとして、
取引先が破綻して現金を回収できなくなっても売掛金を買い取ったファクタリング業者から現金を請求されない安心感があります。
また、現金回収の際に収納代行業者を通じて請求する方法を利用すれば、
ファクタリング業者へ売掛金を売った事実を取引先に知られずに済みます。