資金調達の資金調達方法ならファクタリング
資金調達のスピードや資金調達方法の確実性など
メリットがあるファクタリング
会社が抱えている売掛金は、
早く支払ってほしいと望まれる場合があります。
しかし先方の都合により、
スピーディーには支払ってくれない時は、
ファクタリングによる資金調達サービスはおすすめ!

一般企業には、売掛金の支払い見込み金額があります。

ある取引先と契約したとして、
金を支払ってもらう前提に、取引先の所定の仕事を遂行しました。
仕事を遂行した以上は、報酬が支払われます。
いわゆる売掛金です。

取引先は、必ずしも速やかに支払うとは限りません。
事情により、スムーズに支払ってくれない事もあります。

4月10日に、報酬が支払われる約束になっていたとします。
ちなみに報酬は80万円です。

ところが4月15日になっても、
未だに売掛金が支払われない!

先方の経営状況など都合により、
スムーズに支払われない事も珍しくありません。

上記の80万円の金額が支払われないと困ります。
会社の経営都合もあり、長期化した支払い遅れはもっと困ります。

この80万の未払い金で悩む企業が多いのが現実です。

ところで金融機関などは、ファクタリングサービスを提供しています。
もしも上記のような状況に直面した時は、
ファクタリングの申し込みを検討してみると良いでしょう。
なぜなら、売掛金を売却できるからです。

基本的にファクタリングの専門業者や銀行が定めている手数料は差し引かれます。
上述の80万の金額で、金融機関に売却できる訳はありません。
60万円台や70万円台などが支払われます。

ファクタリングでは、基本的には確実に現金化できます。
たいていは数日以内に入金されますが、
金融機関によっては1週間以上かかる事もあります。

ファクタリングというサービスのメリットは、
スピーディーかつ確実に現金化できる事です。

取引先が支払ってくれるかどうかが微妙な状態ですと、
いつ上記80万の金額が支払われるか?分かりません。
支払いが不透明な状態では、大変困ってしまう訳です。

ファクタリングを活用すれば、
上述数日の早さで現金化できメリットは大きいのです。

それとファクタリングは倒産リスクに関わるメリットがあります。
確実に売掛金が買い取られるメリットは大きいのです。

そもそも取引先がお金を支払ってくれないのは、
経営状況が関わっている可能性もあります。

残念ながら一般企業は、経営状況が必ずしも順調とは限りません。

企業によっては、資金繰りが難しくなっている事もあるのです。

上記の80万を支払う約束をした企業は、
倒産の危機に直面している可能性もあります。
仮に企業が倒産してしまえば、
売掛金は支払われないでしょう。
そのような倒産リスクは決して珍しくはないのです。

ところがファクタリングを活用すれば、
売掛金は確実に売却できます。

取引先が倒産してしまった事により、
80万が支払われないリスクを防げる訳です。

先方が倒産する可能性があるなら、
ファクタリングで売却する方がリスクを抑えられることになります。

最も様々なメリットがあるファクタリングですが、
その申し込みを検討している企業としては、
不安感を抱えている事もあります。

なぜなら、先方に知られてしまう可能性があるからです。
先方からの信用が失われてしまう可能性もあるので、
ファクタリングで売却した事実を
知られたくない企業も多数見られます。

ファクタリングを利用すると
その内容が取引先に通知されます。
更に、入金先の口座がファクタリングに変わります。

ファクタリングはメリットは大きいですが、
デメリットもあります。

手数料が差し引かれるからです。

確かにファクタリングを活用すれば、
確実に入金してもらう事はできます。

しかし80万が60万円台などに減る訳ですから、
デメリットが感じられるのです。

手数料が徴収されるのは、確かにデメリットでしょう。

ですから企業によっては、ファクタリング申し込みを躊躇する事もあります。

他方スピーディーに現金化できるメリットは大きい魅力です。

確かに手数料は引かれますが、
確実に現金化で数日で入金される訳ですから、
急いで80万円を支払ってほしい企業にとってメリットは大きいのです。

また手数料より確実性を重視する事もあります。
たとえ手数料を支払う事にはなっても、
確実に60万円などで入金してもらえる方が、
企業にとってはメリットは大きいのです。

デメリットもあるサービスですが、
ファクタリングにはそれを上回るメリットもある訳です。