MENU

ビフィズス菌は腸内環境を改善する

EPAを身体内に摂り入れますと、血小板が相互に付着しづらくなり、血液の循環が正常化されます。簡単に言うと、血液が血管内で詰まることがほとんどなくなるということを意味しているのです。

私達人間の健康増進・管理に不可欠な必須脂肪酸とされるDHAとEPA。これらの成分を豊富に含む青魚を日に一度食べていただきたいのですが、食の欧米化などの影響で、魚を食する機会が、残念なことに減少してきているとのことです。

病気の呼称が生活習慣病と決まったのには、病気の原因を根絶するためにも、「いつもの生活習慣を良くし、予防に精進しましょう!」というような啓蒙の意味もあったようです。


コンドロイチンは、我々の角膜や皮膚などを構成する成分のひとつでもあるわけですが、一際たくさん内在するというのが軟骨だと聞かされました。我々人間の軟骨の3割余りがコンドロイチンと言われているのです。

糖尿病であるとかがんといった生活習慣病を原因とする死亡者数は、全体の60%程度を占めていて、世界1位、2位の寿命を争う日本におきましては、その対策を練ることは個々人の健康を守り続ける為にも、何にも増して大切なことだと思われます。

EPAないしはDHA含有のサプリメントは、基本として薬と併せて摂取しても体調がおかしくなることはありませんが、できたらいつもお世話になっている先生に尋ねてみることをおすすめしたいと思います。

日々多用な人にとっては、食事により人が生命活動をする上で必須となるビタミンなどを摂り入れるのは無理だろうと思いますが、マルチビタミンを利用すれば、不足気味の栄養素をいち早く摂取することができます。

人は毎日コレステロールを作り出しているわけです。コレステロールは、細胞膜となっている成分の一つで、貴重な化学物質を生成する時に、材料としても利用されます。